熱くなって来ると気になるのが涼しげな“ガラス”の作品たち。

ガラスを使ったお稽古を集めてみました♪

 

○ グラスリッツェン

Glasritzen(グラスリッツェン)は、ヨーロッパ伝統の「手彫りガラス工芸」です。ドイツ語で「Glas=ガラス」「ritzen=傷をつける」という意味です。

別の呼び方で、ダイヤモンド・ポイント彫りともいい、先端にダイヤモンドの付いた専用のペンで、ガラスの表面に細かい線や点などを彫刻する技法です。

(引用先:グラスリッツェン工房Sorriso

(出典:暮らしを彩るグラスリッツェン ルーター彫り教室

(出典:minkara.carview.co.jp

ルーターがあればおうちでもできちゃうそう!ダイソーでGet!!(ダイソーですが840円らしいです・・・)

 

○ エッジング

ガラスの表面に型紙などで保護部分をつくり、それ以外の部分を硫酸などの薬品などを用いて腐食させることによって装飾するエッジングやガラス工芸の技法の1つ。近年は工業的に開発された砂の吹きつけによる工法サンドブラストをガラスに応用したものをガラスエッチングと呼称・宣伝されて、販売・教室などが行なわれている。

(引用先:wikipedia)

新しい ステンシル とも呼ばれている“ガラスエッチング”は、透明なガラスにすりガラス模様を描くもの。なんでもないただのガラスの器、捨てるには惜しい形のかわいい空き瓶など、身のまわりにたくさんあるガラス製品に、自分の好きな模様をつけられます。

(出典:outside in)

 

○ ガラスフュージング

ガラスフュージングは電気炉で板ガラスを熔かして器やアクセサリーなどを作る技法です。ポーセラーツと同じ電気炉を使用できるのできるので、電気炉の活用という観点でポーセラーツの先生にも人気です。

(出典:キルンアート

ベネチアンガラスを使ったミルフィオリのような作品もガラスフュージングの一種です。

(出典:Amazon

 

○ サンドブラスト

研磨材(粒子)をコンプレッサーの圧縮空気に混ぜて吹き付けて表面を加工する方法で、ガラスの表面を削って模様を彫るクラフトです。

(出典:がらすあーと あとりえY

もともとは工業用の工具でしたが、近年では家庭でも使える小型ものもあるので手軽になってきています。

(出典:工具のホーザン

 

○ ハーバリウム

今、話題のハーバリウム/Herbarium(植物標本)はプリザーブドフラワーやドライフラワーをガラス瓶に入れて専用のオイルに浸す事により、美しさを長持ちさせることができることができます。この夏、大ブームになりそうな予感♪

 

(出典:CaraFiore) ディプロマーコースもされています!

 

○ ポーセラーツ(ポーセリンアート)

白磁だけではなく、ガラスにも絵付けができます! 専用の転写紙や絵の具が必要です。

(出典:merci 銀座

 

○ モロッカングラス

Maison de blanc (メゾン ド ブラン)考案・発信で大流行に!

たくさん作って並べたい♪

(出典:ミルラ

 

○ フラワー

いつものフラワーレッスンもガラス花器を取り入れるとグッと涼しげな夏の印象に♪

(出典:ノンコタフロール

 

○ ステンドグラス

色ガラスを組み合わせて,ろいろな模様・画像などを描き出したガラス板のことです。教会の窓などにも用いられ重厚なイメージですが、こんなかわいい作品もお教室なら作れるようです!

ランプなどが人気ですが、さまざまな作品が作れます。

(出典:GLASS GARDEN)

 

 

気になるお稽古はありましたか???